炭水化物ダイエット 方法

炭水化物ダイエットという方法が巷で噂になっています。

炭水化物を抜けば痩せることができるという考え方もありますが、これは間違った方法です。

正しい炭水化物ダイエットは少なめの量のご飯、または食パンを1日3食とも取り入れることがルールです。

麺類や糖質、スナック菓子や炭水化物系の緑黄色野菜はカロリーが高いのでNGです。

一日三食を決められたルールにあてはめて調理を行い、間食はしないこと、20時以降は朝まで一切飲食を控えることで、体調を崩すことなく痩せていきます。

米は一食で100グラム、パンであれば6枚切りの食パンを一枚だけと量は必ず守ります。

おかずの量も鰓したり調理法に気遣いをするだけでカロリー摂取を抑えることができるようになります。

またこの炭水化物ダイエットは長期間続けていると、栄養失調になる危険性も否めません。

そのために2週間だけの期間限定とし、その後も食事の調理法に気をつけていくなどの工夫を行います。

また毎日決まった食事では、炭水化物ダイエットも飽きてしまうので、週に1回までの制約付きで、肉80グラムのお肉をおかずで取り入れます。

少しの量の食べ物をこまめに分けて食べることで空腹を避けることができますし、ジュースなどもダイエットコークなどのカロリーや糖質がないものを選んだり、ローカロリーの寒天ゼリーなどをチョイスすることで甘い物の欲求にも勝つことができます。

また朝食を時間をかけて食することができない場合は、豆乳やヨーグルトなどを必ず口に入れるように心がけます。

炭水化物ダイエット中は「一食抜く」事がとても危険です。

約束を守って正しいダイエットを行いましょう。