―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ネット証券どこがいい?株初心者におすすめの口座開設【2ch】

トップページ > 株の知識が乏しい者が基本的な知識を得る

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

株の知識が乏しい者が基本的な知識を得る

株の知識が乏しい者が基本的な知識を得るためにしなければならないと思われることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、評判の良い本を5冊以上読まなければならないと考えられます。

五冊ほど株式投資についての本を読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は重要だということがわかるからです。

私は好みの有名どころの株を保持しています。

年に一度、配当をもらえるのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で色々なものがもらえるのが嬉しいです。

中でも好きなメーカーからもらえると、もっとこのメーカーが大きくなって欲しいなと思います。

株の初心者が初めから、難易度のある売買をするのは避けた方が安全です。

例えばの話、株では空売りをして利益を生む手段があります。

空売りというのは、売りから始める信用取引のことです。

空売りなら株価が下落した場合でも利益を狙うことができます。

ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買に十分慣れてきてからするべきだといえます。

聞いたことがあるとは思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。

まず初心者にはリスクの高い信用取引はおすすめしません。

自分の資金の範囲で投資できる現物取引が間違いなくおすすめです。

入金した以上に損する可能性がないんですから。

また、株主優待を目的として長く株を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。

株の始めて間もない人が株式投資を始める狙い目とは、皆が株式投資に興味を失くし、株式市場が閑散とした頃です。

こういう時期ですと、どの銘柄もありえないほど安く株価が放置状態なので、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと思うからなのです。

株式投資を行う場合には、一定数量必要な株式ではなく、ミニ株式を購入する方法もあるでしょう。

単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を買い入れたいときには、ミニ株でちょっとずつ買い上げることによって、一回に大金を準備しなくても求める銘柄を購入できます。

上昇や下落の大きさを時系列で整理するものとしてチャートを分析する投資家はけっこう多いものです。

例を挙げると、大幅に上髭が出現した株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと考えることができますし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを判断するのに役立ちます。

株の世界に入ったばかりの人はどの銘柄に投資したらいいのか判断できないので、株式雑誌で推奨されている銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、投資するといいでしょう。

こういった経験を繰り返して、徐々に知っている会社の数を多くしていき、自分で上がると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。

株式投資をする人の大半は購入している株をどういったタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。

しかし、一番高騰したところで株式を売り抜けることというのは本当に困難なので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けることができるならいいではないでしょうか。

株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないだろうと思われています。

気持ちはわかりますが、株式投資を長期間続けていこうと考えているのなら、使えるようにしたい技術のひとつだと思います。

その理由は、空売りを知るということは買う側の気持ちだけでなく、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 ネット証券どこがいい?株初心者におすすめの口座開設【2ch】 All rights reserved.