クレジット・ラインとは?

クレジットカードを持っている人なら「クレジット・ライン」をいう言葉を一度や二度は聞いたことがあるかもしれませんね。

クレジット・ラインとは、クレジットカードで言えば「使用限度額」のことですが、正式には「信用与信枠」と呼ばれています。

クレジットカードにおけるクレジット・ラインとは使用できる使用限度額のことで、その額を上限として、いつでも自由に借り入れる(=ショッピングをする)ことができますよね。

上限を超えるまではクレジットカードを使うたびにクレジットカード会社へ許可を求める問い合わせがされることもなく、その場でスピーディに決済する事ができます。

しかし、上限を超えてしまうと決済する事ができなくなるため、以前の決済をしてからクレジット・ライン以下へ残高を下げなければいけません。

クレジット・ラインという言葉が使われるのは、私達のクレジットカードだけではありません。

銀行同士の取り引きを行なう場合にも、取引できる最大額があらかじめ決められていて、それを越える取引はする事ができません。

銀行同士の「クレジット・ライン」は、簡単に言えば銀行同士の信用度という事なので、それぞれの銀行によってクレジット・ラインも高かったり低かったりして、どの取引銀行でも同じクレジット・ラインを持っているわけではありません。

信用が高ければ当然クレジット・ラインも高くなりますから、その銀行の信用度をチェックするためには、その銀行のクレジット・ラインをチェックするのが最もスピーディな方法ともいわれているようです。