長期固定金利型住宅ローンって何?

長期固定金利型住宅ローンとは、ローンを契約の際、住宅購入資金を受け取るときに返済が終了するまでの金利と返済額を確定する住宅ローンのことです。

住宅ローンには他に、市場金利に左右される金利情勢に応じて定期的に金の見直しを行う「変動金利型住宅ローン」と一定期間だけ金利を固定する特約をつけた「固定金利特約型住宅ローン」があります。

長期固定金利型住宅ローンは、ずっと同じ固定金利が適用されます。

住宅ローンは高額なためその返済期間は15年、20年、30年、35年と長く、金融事情による金利の上下に影響されない長期にわたるライフプランを立てやすくするために考え出されました。

30年以上の長期金利固定型ローンは「超長期金利湖邸型ローン」と呼ばれることもあります。

様々な金融機関が商品を用意していますが、その代表的なものが住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している「フラット35」です。

フラット35のメリットは、最長35年間の長期固定金利、保証料・繰上返済手数料0円などです。

長期金利固定型住宅ローンは、金利が低い時に契約すると「低金利」のメリットを返済期間中ずっと享受できますが、借り入れる時点での金利設定は、返送金利型住宅ローンや固定金利特約型住宅ローンに比べると一番高額な設定になっています。

借り入れる期間と、借り入れ留時の金利の関係をよく考慮して、長期金利固定型住宅ローンの金利設定に納得してから利用を決めるようにしましょう。