30代の婚活事情

まわりの友人が次々に結婚していく30代。

結婚願望が強いのに、自身はなかなか良縁に恵まれないという人にとっては、30代は少し焦りが出る年代ですよね。

世間ではまさに結婚適齢期とも言われる30代の婚活事情とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

30代の婚活は、残念なことに出会いの場がどんどん減っていってしまうもの。

合コンに参加したり、友人の紹介などによって結婚相手は自力で見つけたいと思っても、かなり積極的に行動しないと出会いの機会そのものが少ないため、結婚相手はおろか交際相手すらなかなか見つけられないという状態が続いてしまう人も多いようです。

そのため、30代の婚活は合コンや友人の紹介に期待するよりも、結婚相談所やカップリングパーティーなどを積極的に利用する傾向が高くなっています。

こうした結婚相談所やカップリングパーティーなどは、自分が求めている条件に近い相手を紹介してくれるもの。

そのためより効率の良い婚活を進めていけるため、できるだけ早い結婚を望んでいる婚活中の30代が多く利用する傾向があるようです。

しかし、こうした結婚相談所などに登録したからといって、すぐに理想の相手と出会えるわけではありません。

また登録しただけで自分から何もアクションを起こさなければ、ずっと出会いのないままで過ごさなければならないことになってしまいます。

30代の婚活事情は、結婚相談所などへの登録と、自分からの積極的なイベントへの参加、相手へのアプローチが実情となっているようです。