―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ネット証券どこがいい?株初心者におすすめの口座開設【2ch】

トップページ >

ページの先頭へ

株初心者は日経平均株価を確認しよう

株を始めた人から上級の人まで絶対確認しないといけない数値が日経平均株価なのです。

日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本代表の全225社の株価を平均したものをいいます。

始めて間もない人でもしばらく続けて日経平均をチェックすれば、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。

私の保有する株がここのところ、上がり下がりしているので、下がるかもしれない株、儲かるかもしれない株を自分でしっかりと判断をし、売買を行っています。

ごくたまに失敗して、マイナスになってしまうこともありますが、現在のところは収支がプラスになっています。

今のまま、プラスで売り抜けられたらありがたいです。

株の知識が乏しい者が基礎知識習得のためにしなければならないと思われることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。

五冊くらい株式投資関連の本を読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は株式投資をする上で必須だということが判明するからです。

1点集中型の投資を実行する方には不必要に思われますが。

株とか債権、海外投資など、多様な投資を行うケースではポートフォリオを重要視して投資するか否かを決めるべきです。

投資でもっとも大切なことは、リスク分散型の投資の型ですからポートフォリオによって和が保たれた投資ができているのか、まめに確認作業をすることが大事です。

株式を購入する初心者に必ず覚えてほしい言葉にキャピタルゲイン及びインカムゲインがあります株で利潤を得るにはこの二個の言葉を覚えておいてください。

キャピタルゲインは株式売買で生まれる差益というものです。

例えば、1万円で買った株を2万円で売却すれば、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。

投資の初心者が株式投資をスタートしたいと決心したときは、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を考えることが必要です。

いきなり個別株を取引するよりも、初めはファンドなどから取引を開始した方がよいかもしれません。

それから、少し取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。

多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの見方が、わからなかったんです。

今もなお完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」という見方があり、それを判断材料として使っています。

しかし、今でもたまにしくじってしまうこともあります。

株のことを知らなかった人にとっては分かりにくいことだらけに思えるのではないでしょうか。

どこの証券会社に口座を開設して株式投資を開始すればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。

参考:ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】

誰しもが儲けたいと考えて株式投資を始めるわけですが、一年間の取引で利益を出せる方はほとんどいないでしょう。

株取引では株式チャートを参考に売買について判断する手法があります。

そして、そのうち1つが押し目買いといわれる手法なのです。

株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値の近似値の状態で購入するというのが押し目買いという手法です。

これまでの経験によると、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。

実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないでしょう。

無理ないことかもしれませんが、株式投資をこれからずっと続けていこうと思っているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

なぜかというと、空売りを覚えるということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、取引の幅が広まっていくからです。

株取引では、株式チャートを参考に

株取引では、株式チャートを参考にして売買について考える手法が存在しています。

そして、その1つの方法が押し目買いという名で知られている手法です。

株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値近くに数字が来たら、株を購入するというのが押し目買いといわれる手法です。

これまでの経験によると、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。

給料は全く上がらないのに物価を引き上げようと政府は熱心です。

物価の方が上がれば企業の収益力も上がり、その結果、株価上昇に繋がることになります。

銀行などに余剰資金があるのならば、株式投資を始めるなどすると良いです。

株をやる方法はとても簡単です。

証券会社に口座を作ってみればよいのです。

今ではネット証券もありますから、取引もスムーズです。

株式を売却したことで、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の場合はその人に代わり、その度に20%の税金を源泉徴収してくれるのです。

確定申告の手間がかからない手軽な制度ですが、損失繰越などをする場合は確定申告をすることとなります。

私は好きな会社の株を所持しています。

年間に一度配当が出るのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で色々なものがついてくるのがお目当てです。

特に好きな会社からもらえると、もっと頑張って欲しいという思いになります。

株の初心者が最初から難易度のある売買をすることは避けた方が良いのです。

例えば、株では空売りして利益を得るやり方があります。

空売りというのは、売りから始める信用取引です。

空売りなら株価が下落した場合でも利益を得られます。

しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分慣れてきてから行うべきといえるのです。

1点集中型の投資をしようという方には不必要に思われますが。

株とか債権、海外投資など、多様な投資を行うケースではポートフォリオを最重要視して投資判断をするべきです。

最重要な投資のポイントはリスク分散型の投資スタイルになりますからポートフォリオでバランスよく投資ができているか、随時確認作業を行うことが大事です。

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく理解しないまま、株を始めたばかりの未経験者です。

最初は全然得をせず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、いまでは景気が改善したのか、私がうまくなったのか黒字になるように結果が出てきました。

株式投資をする人の大半は投資した株をどういうタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。

でも、最も高いところで株式を売り抜けるのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けることができるならいいと思います。

私の所持している株がここしばらくは、すごく激しく上下しているので、下がりそうな株、儲かりそうな株を自分の目で判断をし、売買をしております。

時折失敗して、マイナスとなることもありますが、現在のところは収支がプラスになっています。

このままプラスで売り抜けることが出来たら嬉しいなと思います。

株式への投資において、充分な時間を確保できることは肝心な要素です。

日本最大の市場である東証が開設している時間は午前9時より午後3時までなのでより良い価格で株を売買するためにはこの時間に、時間が取れるというのが望ましいのです。

この点でいうと、主婦の方は、初心者であっても好都合な立場で、株への出資が可能だと言えるでしょう。

株式投資のメリットとデメリット

株式投資には損失の可能性があります。

ですから、株の売買が初めての場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも無難な方法でしょう。

投資信託は投資の専門家が多くの有利な投資先に幅広く分散して投資するので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつにあげられます。

株式投資を行う人のほとんどは注文した株をどこのタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。

だけど、天井付近で株式を売り抜くことはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けられるならいいでしょう。

私はアベノミクスという言葉をきっかけに、よく準備をしないまま、株を始めたばかりの素人です。

最初はまったく利益が出ず、損失でヒーヒー言っていたのですが、このところは経済が上向きなのか、私がうまくなったのか利益が出るようになれました。

初めての株取引であるなら確定申告対策として、取引口座を必ず源泉徴収ありの特定口座としておくことをご提案します。

煩雑な確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ減らして、かわりに、株取引のための情報を集めることに集中することができるからです。

どの程度、上昇・下落しているのかを時系列で整理するものとしてチャートを分析する投資家はたくさんいます。

例えていうと、大幅に上髭がついている場合、株のローソク足はこれから、下降するのではないかと評価できますし、ローソク足は、どのタイミングで売買するかを判断するのに役立ちます。

株初心者は売り払うタイミングを逸してしまうことがあります。

誰でも人間は欲というものがあるものなので、「あとちょっと高くなってから」なんて期待しているうちに、株価が下がってしまいます。

利益を確定しなければ利益とはならないことを忘れずに自分に合った株の売り方を検討してみると上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。

株式を売ったことにより、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社にて開設した特定口座での取引の場合はその人に代わり、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。

確定申告による手間が省ける手軽な制度ですが、損失繰越などをする際には確定申告が必要となります。

私が持つ株がここ最近、とくに上がり下がりが激しいので、儲かる株、下がる株を自己で判断し、売買をしております。

時々しくじって、マイナスになってしまうこともありますが、今のところとりあえずは、プラス収支になっています。

今のまま、プラスで売り抜けられたらありがたいです。

株の投資をするためには口座の開設が必要となります。

初心者に推奨するのがネットの株取引会社です。

ネット証券は種々の手数料が安くなっているので、利益を得やすいと言えます。

ネット証券ごとにサービスの内容が違うので、突きあわせてから口座を開きましょう。

信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特徴なのです。

特に空売りは、下落相場で大きな力を発揮し、うまく利用できれば上げ相場の場合でも下げ相場の場合でも儲けになる武器となります。

反面、資金以上の取引は借金同様なので、初心者は資金の管理を慎重にすることが大切です。

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 ネット証券どこがいい?株初心者におすすめの口座開設【2ch】 All rights reserved.